■■はじめに■
 


2005年 春
いきなりガーデニングに対する嗜好が変わりました。

今までの
「明るくて広々とした庭と芝生を管理し、
素敵な寄せ植えやハンギングを作る」
というガーデニングを卒業し、
これからは「ナチュラルガーデン」を目指します!
(かなり自己中心的な決意です 笑)

そして 目標は「オープンガーデン」を開く事。
お花好きの方に来ていただいて、一緒にガーデニングについて
話したい!!
どう? ステキでしょ?(((o(^。^")o))

週末になるとオットと二人で楽しみながら頑張ったDIY.
でも素人に出来る事には限界があり、ついに業者さんに施工を
お願いする事に!

ところが、見積書を見ると・・・かなり大きな金額!
「庭にこんな大金を掛けてもいいのか?」
「本当に必要な出費なのか???」
「今のままでも充分綺麗な庭じゃないか?!」

何度も自問自答して悩みましたが、
「きっと 楽しい事が始まるよ」
というオットの一言で
胸のつかえがスーッととれた気がしました(*^_^*)

オープンガーデンに向けての第一歩です。
記念に工事の様子を記録しておこうと思います。

 

 

 
■デザイン■


施工業者さんに私達の思い描いていいる形を伝える・・・・・・。
言葉だけで伝える自信が無いので
オットと二人で沢山のデザインを描きました(笑)

毎晩オットとビールを飲みながら
「塀の向こうに何が有るのかワクワクする感じがいいよね」とか
「塀の中に入る前にも見所が有るといいよね」って話ながら
色鉛筆数本で描いた絵は 上手でもなく、色使いも少ないけど
大事に保管している私です(^^ゞ




そしてデザイナーさんが描いて来てくれたデザインがコレです。
立体感、色使い・・・やっぱりビール片手に色鉛筆で書いた
落書レベルの絵とは違うわ(^^ゞ

■左上のデザイン■
庭の南側に高さ150cmくらいの板壁
塀からデッキにかけての小道
立水栓
■右下のデザイン■
アーチ型の塀
アイアンの門扉付き
右壁には西洋瓦
左壁にはアンティークステンドグラス

これだけ工事していただくと・・予算の10倍以上!(\_\;
こりゃ〜ダメだ!! 
私達素人には絶対ムリだと思われる「アーチ型の塀」だけ
お願いする事にしました。
それでもかなりの予算オーバーなの。。(>_<)

庭の中の小道は自分たちで材料を買って来て 
作ってみようと言う事になりました。


2005年8月下旬

 

 
 
■■作業開始■
 


木の移植から!
このゴールドクレスト・・・
7年くらい前に100円で買ったの! こんなに大きく育ってくれました。
雨の中の作業でしたが さすがに職人さんは手際いいわ〜!!


今まで有ったアルミのフェンスを取り外し、大きな塀にも絶えられる
しっかりとした基礎を作っていただきます。
9月とはいえ、気温は30度を越える日が続いている中
作業はどんどん進み、数時間後には↓


直線だったアルミフェンスが曲線を描いた塀に
なります!!
手前の土の部分には花壇を作る予定。

2005年9月12日〜

 

 
 
■■ブロック 積み上げ■
 


サスガにプロの仕事は早くてキレイ!!(o^^o)
アッ!と言う間にこんなに立ち上がりました。


左の四角い窓・・
ココにはお気に入りのアンティークステンドグラスを
入れていただきます。
ただハメ込むだけでは無く、上部に蝶番を付けて、
開閉出来るようにお願いしました。
(ココ かなりこだわっています! 笑)
お願いするのは簡単ですが、何せ品物がアンティーク!
防腐剤を塗ったり、丈夫な蝶番を取り付けたり・・・
でも完成したら絶対ステキになハズ!(((o(^。^")o))

2005年9月19日

 

 
 
■■ 塗 り ■■
 




いよいよ『塗り』です。
アンティーク調のコテ跡を残したラフな塗りで
南欧風の雰囲気を出してもらえるように希望しました。
コレがなかなか言葉では伝わらないのよ。。

でも この二人の職人さん達は 私のイメージを
理解しようと努力してくれ、
アンティークに見えるようにコテ以外にも
いろんなテクニックと秘密兵器を使い、
多色使いにしてくれました。
いいぞ!いいぞ!!

明日には完成です。

2005年9月22日

 

 
 
■■ 仕上げ 
 


↑「ここまで出来上がってたら23日には完成〜」
って思っていたら・・・・
なんと! この後2日も掛けてアンティーク仕上げ。





どう?
新しい塀なのにヒビ割れやコケが!!

職人さんが2日間 休憩もせずに
細い筆で何色もの顔料を使って丁寧に描いてくれたんです。

↓職人さんの道具をこっそり撮影(^^)



 

 
 
■■ 完 成 
 


ジャ〜〜〜〜ン!!
完成です♪♪

「これで完成?」って思われるかもしれませんが
この後、照明を取り付けたり、花壇を作ったり・・
オットと二人で楽しみながらステキな塀にしていくのが
楽しみのひとつです。

左側に写ってるステンドグラス
我がまま言って取付けて頂いて良かった〜〜。
こーゆーこだわりのあるポイントって大事ですよね(笑)



季節の植物越しに見たり、
飾り棚に雑貨を並べてみたり・・・
いいでしょう〜?( ̄m ̄*)V

 

 
 
■■ 最後に 
 


少ない予算内に納める為、
花壇作りや電気の配線を私達がする事を快く了解してくれ
有り難う御座いました。

この施工業者さんは・・・・
社長以外は女性スタッフ。
社長さんは優しくって、かなりのバラ好き!

そしてウチの庭をプロデュースしてくれたTさん・・
美人でスタイルもセンスもバツグン!
(篠原涼子に似てるような・・・・笑)

スリムな身体なのに大きな植木鉢やレンガをドンドン
動かして納得いくまで並べ替えてくれる男らしい面、
「ココに植物が有った方がステキに見えるわ」
「この色がいいですねぇ〜」
と女性らしいソフトな面。
両面とも素敵な女性です(*^_^*)

この社長とTさんが 私の我がままに答えてくれる
柔軟性と技術を持った職人さんを手配してくれ
我が家の庭への入口が完成しました。

いつでも遊びに来てくださいね。

 

 

 

 

top